鉄分

 鉄分は、人間の血液中にも豊富に含まれている成分で、主に赤血球の中に含まれています。鉄分は、ヘモグロビンによって身体中に酸素を送る役割も担っているとても大切な成分になります。

 そのため、鉄分が足りなくなってしまうと、身体中に酸素を送り出す際に支障が出てしまい、動悸やめまいが起きてしまう可能性もありますので、注意が必要です。ほかにも鉄分が不足すると鉄分不足による貧血を起こしてしまう可能性もあります。

  人間の体内には、約4グラムの鉄分があると考えられていますが、毎日約1グラムが体外へと排出されていると言われています。ですので、毎日の生活の中で鉄分を含む食材を摂取することはとても大切です。

 とはいえ、自分の中でどれくらい鉄分が不足しているのかなんてわからない、というのが現状ではないかと思います。鉄分が不足すると身体に酸素がしっかりと行き届かなくなってしまうおそれがありますので、非常に疲れやすくなってしまうことが考えられます。

 ちょっと最近疲れやすいかな?と思ったときには、鉄分が多く含まれている食材やサプリメントを摂取してみていただければと思います。

  鉄分は、ヒジキやキクラゲ、焼き海苔、レバー(豚・鶏・牛)といった食材に豊富に含まれています。また、ゴマ、納豆、枝豆、ほうれん草といった日常生活でよく口にする食材にも含まれています。朝食でたくさんとれそうですね。