サプリメントの効果は

 サプリメントには、大きく2つに分けて、栄養機能食品と呼ばれる特定の12種のビタミンと5種のミネラルが一定量ずつ配合されているものと、そうではない普通の食品の部類に入るものがあります。

 栄養機能食品として販売されているものには、効果や効能を記載することが許されていますので、パッケージをご覧になられて自分にとってそれが必要な効果や効能かどうかを判断していただくことができるのではないかと思います。

  では、それ以外の普通の食品ではどうでしょうか?栄養機能食品と呼ぶことのできないものについては、普通のお菓子や飲料等と同じように効果や効能を記載することはできません。

 しかし、中に配合されている成分表示については、記載することが許されていますので、食品に配合されている成分表示をご覧になられた上で、ご自分で判断をしなければならないということになると思います。

 栄養機能食品であるサプリメントは、錠剤や顆粒、飲料、カプセル等といった形で販売されていることが多いと思いますが、それ以外の普通の食品の中にも成分としてのサプリメントはたくさん含まれていると考えることができるのではないかと思います。

  例えば、ビタミンCを摂りたい!と思ったときに、すぐにドラッグストアに行って錠剤やドリンクになっているサプリメントを探されなくても、お家にあるフルーツを摂取することでビタミンCを摂取することができると考えられますよね。

 もちろん、サプリメントとして販売されている製品に配合されている有効成分の成分量は非常に高めになっていますから、それ相応の効果を得ることができるようになっていると思います。

 なんだか肌が疲れているなと感じだときに栄養機能食品に指定されているコラーゲン飲料を摂取すると次の日にはお化粧のノリが違う?なんてこともよくあるのではないかと思います。

 即効性を重視してサプリメント選びをされたい方には、そういったサプリメントをおすすめしたいと思いますが、そういった錠剤や栄養ドリンク系のサプリメントばかりでは味気がないのも事実なのではないかと思いますので、日常の生活の中にあるものに含まれているサプリメントについてもお話をしていきたいと思います。

  個々の有効成分や美容成分が多く含まれている食品というものも存在しています。先ほどのビタミンCなら、フルーツなんかが頭に浮かぶでしょうし、そのフルーツの中でも特にビタミンCが豊富なものがあると考えられますよね。

 そういった食品をそのときどきの体調や食生活、生活スタイルに合わせてできるだけ摂取されるように気をつけられるだけでもだいぶ違ってくるのではないかと思います。

 サプリメントの効果は、そのときどきの体調や食生活等にも大きく影響されるものだと思いますが、摂取しないより摂取するように気をつけられた方が身体のためになることは事実だと考えられますので、毎日の生活の中でほんの少しでもサプリメントの摂取を、気をつけられるとよいのではないかと思います。