マグネシウム

 マグネシウムと聞いてもぴんと来る方は少ないかとは思いますが、マグネシウムは、ゴマや納豆、アサリ、カキ、青海苔、ココア等に含まれています。豆腐などに含まれているニガリも塩化マグネシウムというマグネシウムの仲間のひとつになります。

 マグネシウムは、身体の中のさまざまな酵素に作用し、体内(特に循環器系)を正常な状態に保ってくれるミネラルになります。

  マグネシウムが不足すると、神経系や筋肉にも影響が出ることがあります。場合によっては、マグネシウム不足によって、精神的にうつに近い状態に陥ってしまう可能性も秘めていると考えられています。

 妙に手足がしびれるといった状態や脱力感や疲労感がある場合、マグネシウムを摂取してみるというのもひとつの方法だとは思いますが、過剰摂取は下痢などの症状を引き起こしてしまう要因にもなり得ますので、サプリメント等による長期的な摂取や、用量を超えた過剰摂取には十分気をつけていただきたいと思います。

  最近では、マグネシウムを含有しているスポーツ飲料等も増えてきていますし、ミネラルウォーターの中にもマグネシウムは含まれていることが多くなっていると思いますので、毎日少しずつの摂取を心がけていただきたいと思います。