ビタミンA

 ビタミンAは油分とともに摂取することで、吸収率がよくなる脂溶性のビタミンになります。ビタミンAは皮膚や粘膜の細胞を正常化させてくれる効果を期待することができる成分になりますが、その効果は主に目に現れるとも考えられています。

 ビタミンAは、目に潤いを与え、乾燥から守ってくれる成分でもあります。ほかにも消化器系や気管の粘膜も正常に保ってくれる働きがあります。

  ビタミンAには、レチノールとβ-カロチンと呼ばれる2種類が存在しています。レチノールはレバーやウナギに含まれていることで有名ですし、β-カロチンはカボチャやニンジンといった緑黄色野菜に多く含まれています。

  ビタミンAが欠乏すると夜盲症といった症状が出ることがあります。同じビタミンAでもレチノールでできているサプリメントをかなり大量に摂取してしまった場合、それとは別に過敏症を引き起こしてしまう可能性もありますので、一日の目安は守るようにしていただきたいと思います。

 ただし、β-カロチンで摂取した場合には過敏症は現れませんので、緑黄色野菜は問題なくお召し上がりいただくことができると思います。また、妊娠中の女性の場合、ビタミンAの摂りすぎは胎児を奇形にしてしまう可能性がありますので、注意していただきたいと思います。