ビタミンD

 ビタミンD(ビタミンD2、ビタミンD3に分けられる)は、脂溶性のビタミンになっています。ビタミンDは、植物が光合成を行うように、日の光(紫外線)を浴びることによって体内で合成することができるビタミンになっています。

 一日中オフィスや家にこもりきりで紫外線を浴びる機会がない方には、食べ物からビタミンDの摂取をされることもおすすめしたいと思います。

  ビタミンDは、カルシウムやリンの吸収を促し、骨芽細胞を活性化させてくれる効果を持つ、丈夫な骨づくりのためになくてはならないビタミンになります。骨だけではなく、歯の表面のエナメル質を守るためにもビタミンDは効果的であると考えられています。

 カルシウムをいくら摂取してもビタミンDが不足していると正常に骨を作ることができなくなってしまうことも考えられます。ビタミンDが不足するとくる病や骨粗しょう症といった症状が現れることもあります。

 しかし、そうはいっても、ビタミンDは脂溶性のビタミンになっていますので、サプリメント等で過剰摂取をしすぎないように、しっかりと用法・用量等を守って摂取していただくことが大切なビタミンになっています。

  ビタミンDは、サケやサンマ、カレイ、タイ、ブリ、サバといった魚類や卵、鴨、きくらげ等といった食材に多く含まれています。