ビタミンD3

 ビタミンDは、ビタミンD2とビタミンD3に分けることができます。ビタミンD2は主に植物性のものに含まれているのに対して、ビタミンD3は動物性のものに含まれているビタミンになります。

  ビタミンD3は、ビタミンD2同様に脂溶性のビタミンになります。人間にとって効果的であると考えられているビタミンDは、そのままこのビタミンD3のことを指していると考えることもできます。

 ですので、ビタミンD3による効果はそのままビタミンDの効果であるとも考えられます。ビタミンD3は、紫外線によって体内で作られた後、肝臓、腎臓によって、活性化ビタミンD3となって身体に作用するビタミンになります。

 このビタミンD3の効果によって、骨や歯を丈夫なものにすることができると考えられます。また、活性化ビタミンD3には、副甲状腺機能低下症と呼ばれる代謝性疾患の治療にも使用されているビタミンになります。

  ちなみにビタミンD2はキクラゲや干しシイタケといった食材に多く含まれ、ビタミンD3はマグロやサケ、サンマ(主に魚類の肝臓)といった食材に多く含まれていると言われています。